のんびり、ゆったり、日々のつれづれ

27戦26敗1勝4ヶ月

コロナの自粛期間中、どうぶつの森がやりたいなと思った。
3DSの時にやっていたのだが、やはり大きいテレビの画面でもいいなーと思ったのがきっかけ。
夫がゲーム好きで、昔から色々とゲーム本体を買ってはプレイし、ほぼやり切ってしまうという…。
私の記憶では、今あるプレイステーション4のまえに、プレイステーション3?、x-box、ゲームキューブ、あと2種類くらいあった気がする。携帯用のゲームでは、3DSとあとひとつくらいあったかな。
私はここに来てからwiiくらい。これはフィットネスのソフトをやるため。今はスイッチも入れていないけど。
今はスマホで、夫婦ともにどうぶつの森のポケットキャンプをやっている。

そんなこんなで、Switch本体を買わなければならなかったのだが、試しにAmazonで見てみると、7万近い値段が出ていた。ぼったくりの転売だ。
コロナ時期なので、自宅でゲームという需要が激増したため、店舗に置いていないならネットで多少高くても買うという心理を悪用している。
調べていくと、任天堂公式サイトやビックカメラ、ノジマオンラインなど電気屋さんのサイトで時々抽選販売をしていた。
抽選に申し込んで、当選した人だけに当選メールが来る。その中にクーポン番号があるので、その番号を入力して購入手続きをする。そういった流れだ。
サイトによっては地域を限定していたり、申し込むには実店舗で買い物をした履歴やポイントカードを作った実績が必要なことがある。さらに当選した場合は店舗まで取りに行くことがある。転売防止に、店舗で受け取るときには抽選に申し込んだ本人が、本人であることを証明できるものを持っていかなければならないことも。だから、子供が申し込んで当たっても、お母さんが代わりに取りに行くことはできないんだよね。
そこで、任天堂とビックカメラとノジマで応募を続けた。ヨドバシは抽選の開催が多いんだけど、買い物実績が必須。ここ何年も行っていないからやめておいた。ノジマも買い物してくれーってサイトに書いてあったけど、応募はできた。
ビックカメラ。まず会員登録しようとしたら、サイトに入れない。抽選期間が2日間だけだもの。笑っちゃうことに、抽選期間が終わったとたんにサイトのアクセスがなくなって会員登録できた。また機会はあるさと、そのあと2回応募して落選した。
一番応募したのはやはり任天堂公式サイト。アカウント登録しておくと、抽選販売が始まるというメールが来る。ただ、ここでも1回の抽選は同一住所につき1回しか応募できない。夫もアカウントを持っているが、私と夫が申し込んだら即キャンセル扱いになってしまう。複数の商品が抽選対象となっていた場合は、ひとつずつに応募できる。また、同一商品の購入履歴があると応募できない。そして、落選のメールが来ない。この当落メールについては、初回に問い合わせが多数あったため、2回目からは落ちてもメールが来るようになった。タイトルに【落選のお知らせ】とあるので、本文を読まなくてもわかる…。

メールボックスを見たら、任天堂から【当選のお知らせ】があった。その回の抽選では、色違い3個があってすべてに応募していた。そのうちの1個が当選していた。早速夫に話して買っちゃった。仮に3個すべて当選していても、キャンセルはできないので買うしかないんだけども、当たったのが1個でよかった。
あとはソフトを買わなきゃ。それと画面保護シールも。

5月下旬から始めて4ヶ月。応募した品数は27品。今年の運を使い切った感じがする。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

カテゴリー

アーカイブ

Twitter