のんびり、ゆったり、日々のつれづれ

11月も半ば、秋真っ最中ですね。
紅葉もだいぶ進んで、天気がよければ飛び出したい気分です。
過去に鎌倉、京都、上高地と行きましたが、京都はさすがにきれいですね。山の方は赤いよりも黄色い黄葉の方が多くて、インパクトには欠けたかも。
これから長い冬の眠りに入るので、その前にきれいに色づいて散っていくんですね。桜も紅葉も散り際が美しいです。
秋は・・。
夏の憎々しいほどの暑さから開放され、アレ?なんか涼しい?と思ううちにどんどん進みます。蝉の声が小さくなり、秋の虫が鳴き始め、そのうち虫も鳴かなくなると静かな季節の到来。ヒガンバナが咲き、日差しは強くても朝晩は上着を着るように。今まで明るかった夕方も暗くなり始め、柿が色づき、風も冷たくなり、木枯らしが吹くようになります。紅葉が終わる頃には秋も終わり。
でもこの季節が一番好きです。暑さが苦手なので、秋から桜が散る頃までは私が心身ともに棲息できる季節なんです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*

カテゴリー

アーカイブ

Twitter